東伏見稲荷神社 節分祭 年女が豆まき参加してみたよ

東伏見稲荷神社
スポンサーリンク

若干ウキウキ興奮気味です。

2月3日節分の日に東伏見稲荷神社の節分祭に参加してきました!

年女と言うこともあり、家族からのすすめもありで

初めての豆まき体験はとても良かったですよ。

そんな体験談をレポートしますね。

スポンサーリンク

東伏見稲荷神社 豆まき参加方法

参加方法はとても簡単です。

直接社務所に行く又は電話

節分祭に申し込みをしたいと伝えれば

申し込み書をもらえますので、

その場で名前、住所、電話番号等記入します。

豆まき当日は2回ありますのでどちらから選びます。

1回目 13時30分から
2回目 15時30分から

 

 

書き終わったら申込書と参加料を払います。

または電話をして申込書を送ってもらい、申し込む方法があります。

参加料は8000円でしたが、詳しくは電話で問い合わせしてみてください。

係の方が丁寧に説明してくれます。

東伏見稲荷神社 電話番号 042-461-1125

 

 

参加は誰でもできるの?

主に厄年、年男、年女が参加してますが、

会社経営をされている方、お祓いしたい方もいらっしゃいます。

豆まきで景気を良くしたい、運気あげたいなど

そんな思いがあるならやってみる価値ありですね!

 

 

当日どんな風に始まるの?

当日は指定された時間に受付をすませます。

その後、神社の中に控え室があるので、時間が来るまでそこで待ちます。

 

私が参加した時は40名くらいいたとおもいます。

男女の割合で言うと、9:1くらいですね。

圧倒的に男性が多く年配者も多かったかもです。

会社の社長さんかもしれませんね。

 

 

開始時間30分前になると、場所を本殿に移動します。

そこで、参加者全員お祓いをします。

神主さん、巫女さんが何やら神様に唱えてました。

なんだかとても心洗われる感じと、ありがたい感謝の気持ちが

沸いてきました。

今日ここに来れた意味はやっぱりあるなぁと。

 

 

終盤は参加者全員に、大きな升が配られます。中身はこれから外で待っている

方々に撒く豆やミカン、その上に半紙に包まれた豆がありました。

何をするかと言いますと、半紙に包まれた豆はまず神様に向かって、

3回「福は内」と言いながら、そして後ろを向いて外に向かって3回「鬼は外」と撒きます。

スポンサーリンク

それが終わると・・・

 

さぁ、ここからが本番です!

 

参加者全員、外に出て行きます。

外へ出ると、さらに大きな紙袋をいただき、

その中にもたくさんの豆やお菓子など入っています。

さぁ~福を撒きますよ~ 心ウキウキ、ワクワクの瞬間です。

 

 

一緒に参加した方々と思わず顔を合わせて笑みがこぼれます。

なんかいい~~こう言うのって!

 

 

わ~~~凄い人~~~写真撮れないのが残念です。

これは参加して是非味わってください!!

みんな大きな袋をこれでもかと広げて「ここ!ここ!ここだよー!」と

叫んでいます。子供達も沢山来てました。

 

太鼓の合図とともに、一斉にみんなに撒きます。

できるだけいろんな方向に撒くようにしたり、

ミカンなどちょっと大きくて重い物は遠くに投げるようにしたり

沢山の方に福が届くように頑張って撒きました。

 

でも、あっという間に撒く物がなくなっちゃったんですよね・・・

もうちょっと撒きたかったなぁ~というのが正直な感想です。

 

参加後は?

豆まきを終わると終了~ あっけないです。

きっと待ってた人も、「お、おわりか~い」って感じだったと思います。

 

その後最初に頂いた升はお土産に持って帰れます。これ結構うれしいです。

受付に戻り、引換券を渡すとお土産とお札など入っていました。

 

 

とても有意義な体験ができて本当に感謝です。

これで気持ちもまたあらたに、今年も一年健康に過ごすことができます。

正直、今回の豆まき体験結構はまってしまいそうで、

これから毎年厄払いで参加しようかなと思ってしまいました。

それくらいとても心が気持ちがいいんですよね。

表現が難しいですが、参加したらわかるかもです。

 

屋台とかあるの?

屋台は2つ?3つ?お団子やと小籠包のお店くらいだったような・・・

ちょっとびっくりしたのが境内に入っていくとローソンが恵方巻きを販売していたことですかね。

お~~笑     こんなところにまでコンビニ!さすがだ!ローソン!

 

まとめ

毎年行っている行事で、みんなが参加できて沢山「福」を頂けます。

試しに一度参加してみるのも、いいですよ。

もらう方も撒く方もみんなみんな良い年でありますように!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました