換気扇(プロペラ式)の羽根が軸から外れない!?スルッと簡単に取れる方法

日常の悩み
スポンサーリンク

換気扇の掃除をしようといざ作業に取りかかるも・・・・?!
「あれ?羽根がとれない!」なんてことありませんか?

ずっと掃除をしていないと、油汚れでべっとりついてネジの部分がかたまって羽根が取れなくなってしまうんですよね。
無理矢理取ろうとすると、羽根が折れてしまうかもしれないし、付けたまま掃除も汚れが取りきれませんよね。

本日はそんな頑固な取れない羽根をスルッと取れる方法を紹介します。

スポンサーリンク
  

はじめる前の注意点

電源を外す
必ず外す前にコンセントを抜いて電源がはいっていないことを確認してください。間違ってプロペラが回ったりしたら大けがしますので、お気を付け下さいね。

手袋をはめる
換気扇は油でギトギトのベトベトで、滑りやすかったりしますのでビニールの手袋をしてください。

スポンサーリンク

換気扇の羽根をスルッと取る方法

ドライヤー
換気扇って油よごれがべっとりついて、その上ず~~っと放置したままだと固まってしまいさらに取れにくくなります。

そんな時の必殺技がドライヤーを2分くらい軸の部分に当てます。金具の部分が暑くなってくるので、そうすると固まっていた油がとけはじめます。
ゆっくりと少しずつ外してみましょう。

あらまぁ!スルッと簡単に外すことができました。

スチームバギー
油で固まっているネジの部分にスチームを当てると、固まっていた油が柔らかくなり取れやすくなります。

マジックリン、マイペットなど
キッチンペーパーなどに浸して暫くつけるというやり方。ただこれあまり頑固な油だとむずかしいかもしれません。

固まらないようにするには?

やはり定期的な掃除がいいですが、換気扇の掃除もなかなか手間もかかるものです。そんな時に便利なのが換気扇カバー。
これを取り付けるだけで、油汚れやほこりを防げますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました