東伏見稲荷神社に初詣!混雑する時間帯は?駐車場の穴場はどこ?

東伏見稲荷神社
スポンサーリンク

京都の伏見稲荷の分霊であります、東伏見稲荷神社。
毎年多くの方が参拝に訪れます。

西東京市周辺にお住まいの方や
今年はちょっと足を伸ばして行ってみようかなって方も
2019年の初詣は東伏見稲荷神社で
参拝してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

東伏見稲荷神社の初詣の混雑時間帯はいつ?

混雑時間
元旦の午前中 7時からお昼過ぎくらい?

混雑時間は朝から昼過ぎにかけて混んでる感じです。
周辺までいくと、警備員の方がいらっしゃいますので
最後尾は迷わずに行けると思います。

因みに、元旦明けの夜中の12時は
長いこといっていないので、
最近がどのような混雑状況になっているのかは
わかりません。すみませんm(_ _)m

もし夜中に行かれる場合は
お天気によっては非常に寒くなりますので
防寒はしっかりとしていってください。

また周辺にトイレは神社くらいしかないと思います。
コンビニなどはちょっと離れているので
お気をつけください。

さて、
2日目、3日目となると
さほど混んでいるような感じではなさそうです。
周辺にお住まいの方は
多少遠くても歩いていらっしゃる方も多いようです。

近場の駐車場は日中は満車になっていることが
多いですが、出入りもあるので
ちょっと待っていれば
入れる可能性もあるかもしれません。

あまり混雑しているのが苦手という方は
夕方に行くのもおすすめです。

3が日中に私も一度夕方に行ったことがありますが、
全く並ばずにスイスイ行けました。
人はまばらですが、明かりもついていますし、
屋台もやっています。
なので、問題なくお参りできます。

東伏見稲荷神社 公式サイト
http://www.higashifushimi-inari.jp/

東伏見稲荷神社の駐車場はあるの?近場駐車場情報

神社の駐車場は通常は鳥居入り口の目の前にあるですが、お正月の間は屋台と参拝客が並ぶ為使うことはできません。神社に近いコインパーキングがいくつかありますのでそちらにとめて下さい。

 

東伏見稲荷神社から近い駐車場はココ

ルパルク駐車場

ここは結構穴場の駐車場ですが、正月時はすぐ満車になります。2019年のお正月は並んで待っている方もいました。またルパルクの年末年始の駐車料金がかわります。

 

365パーキング東伏見5丁目 第2

ここも神社から近くまっすぐ一本道なのでわかりやすいです。

スポンサーリンク
パーキング365

道沿いからちょっと入ったところにある穴場駐車場

 タイムス西部柳沢東

タイムズ東伏見第4

 

ルパルク駐車場の隣にある
タクシー会社の駐車場が
まだやっていればですが、
この時期だけ、1回1000円くらいで
とめれたと思います。
(料金は要確認を)

年配の方や小さいお子様がご一緒でしたら
なるべく近いところがいいと思いますが、
微妙に距離があるので、
交通状況にもよりますが、
場合によっては運転される方が
神社の近くまで行って同乗者が乗り降りして
自分だけ駐車場に駐めに行くのが
よいかもしれません。

他には、東伏見駅に行くと
駅周辺にいくつかありますので、
そちらだと、すぐとめることができるとおもいます。
お天気が良い日なら
お詣りにきたついてで、この辺りを
お散歩するのもいいかもしれませんね。

東伏見駅周辺駐車場

東伏見稲荷神社の参拝まで

参拝するには、神社の入り口前にある
駐車場を開放して、そこから並んではいるように
なります。因みに周りには、屋台が沢山あるので、
おいしそうな匂いと
横目で食べたい衝動を抑えながら
並びます。

 

列は警備員の方がいるので、
ちゃんと整備され
みなさんきれいに
並んで待っていらっしゃいますし、
もみくちゃにされるようなことはなく
スムーズにいけますよ。

 

また、入り口から階段を上りますので
くれぐれも足下に気をつけてください。

 

階段を上っていくと途中に
確か左手に古いお札やお守りなどを
納める場所がありますので
去年の分を持って行かれるといいと思います。

 

ここまでくると、参拝まで
後もう少しです。

 

実際に見ていると、おわかりいただけると思いますが
お詣りが終わったら、速やかに右に移動していきます。

中には小さいお子さんやご年配の方がいらっしゃいますので
ちょっとだけ、右に移動できるまで
待っていてあげると、慌てずに
事故も防げるかと思われます。

 

そしてお待ちかね^^
その後はお札や破魔矢など買えますよ。
また、境内にも沢山出店がありますので
そちらで甘酒なんかもいいですね~^^

 

まとめ

今年も皆様にとって素晴らしい年でありますように。
心からお祈りいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました